マンション管理組合理事長ブログ

築42年既存不適格マンションの建て替えは可能か?

新管理会社が決定し、現管理会社へ契約終了通知送付

 

新管理会社決定

管理組合臨時総会を開き、来季からの管理会社が決定しました。

 

やっとここまでたどり着けたという感じです。

 

決議には、議決権行使書により4個の反対票がありました。「管理会社選定=何とか内定まできたが、ああ、人の心の中はわからない…」に書きましたが、他の管理会社を推薦し、検討会に出てこられなかった方たちです。

後に聞いたところでは、プレゼン後の推薦で多数であったのになぜひっくり返すのかとの思いがあるようです。

手続きには問題がないとはいえ、これはしこりを残しちゃいましたね。

 

契約終了通知

まあ、今さらどうしようもないことですので、進めるしかありません。

 

で、現管理会社に契約終了通知を送付しました。ただ、契約終了通知と言っても、実はもうすでに契約は終了しています。

どういうことかと言いますと、そもそもこのブログを始めようと思い立った原因である3月の定期総会での管理会社の無能ぶり(ちょっと言いすぎかな…)以降、管理会社は、会計について折り合いがつかないので、4月に3ヶ月間の暫定契約とする旨の通告書を送ってきています。

で、こちらは管理会社変更の段取りに入っていましたのでそのまま放っておいたのですが、それ以後管理会社は何も言ってこず、それなのに、契約が6月に終了してもこれまで同様(当然完全ではないが…)管理を続けているのです。

 

何を考えているのかさっぱり分かりません。普通、話し合いを持とうとするか、契約解除(終了)を申し出てくるでしょう。

 

実はマンション管理は大したことではない?

今回の管理会社変更で感じたことのひとつに、自主管理もさほど難しいことじゃないのではないかということがあります。

結局、最低必要なのは、組合員から管理費等を自動引き落としで徴収し、

  • 会計
  • 共用部清掃(委託)
  • 消防設備点検(委託)
  • 受水槽清掃(委託)
  • エレベータ点検(委託)
  • 雑排水清掃(委託)

をやればいいわけで、委託としたものは業者に頼めばいいわけですから、要は会計ができるかどうかだけだと思います。自分の家だから自分で面倒見なくっちゃという人が数人でもいれば、多分自主管理でいけます。

とまあ、口ではかんたんに言えますが、自主管理なんて面倒な上にトラブルに巻き込まれやすいことですので、実際やる方は多くないのでしょう。

 

「自主管理」で年4000万円稼ぐマンション経営術

「自主管理」で年4000万円稼ぐマンション経営術