マンション管理組合理事長ブログ

築42年既存不適格マンションの建て替えは可能か?

マンション建て替え=まずは所有者の意識調査のためのアンケートを採ってみる

これまでも、マンションの建て替えという意識がなかったわけではありませんが、建築法やら所有権で問題を抱えている当マンションでは無理だよなあとの意識が強く、それに差し迫った感覚がなかったというのが正直なところです。

 

 

日本最古の分譲マンション建て替えのニュースを目にして

で、先日「東京・渋谷にある築63年で日本最古の分譲マンションが解体を前に公開されました。建て替えまでに25年の年月を要しました。」とのニュースが目に入りました。

 

f:id:ausnichts:20160403115257j:plain

築63年!日本最古の分譲マンション、解体を前に公開

築63年で25年? じゃ、築38年で建て替えの検討を始めたってこと? うちは築42年だ…。

と、一気に不安が募り、何とかしなければと考え始めたわけです。

で、この宮益坂ビルディングというのは、

ということで、このニュースリリースを読みますと、いかに分譲マンションの建て替えが難しいかがよく分かります。

建物が永久に持つわけもなく、放っておけば、老朽化でどうなるかも分かりませんし、その時誰かが助けてくれるわけでもないでしょうから、所有者自身が責任を持つしかありません。

さて、何から始めますか?

ということで、検討を始めるにしても何から始めればいいんでしょうね?

管理会社があてにならないとなれば、自分たちで何とかするしかないですので、まずは所有者の意識調査のアンケートでも採ってみようかと思います。