マンション管理組合理事長ブログ

築42年既存不適格マンションの建て替えは可能か?

一番つらいことは組合員の無関心

マンション管理組合の理事長をやっていて、一番つらいことは、組合員、つまり所有者の皆さんなんですが、何を考えてみえるのかよく分からなく、(一見)無関心にみえることです。

今回の管理会社の件に対しても、無関心なのか、よく分からないからなのか、ほとんど何も発言することなく、「どう思われますか?」と尋ねても、ほとんどの方が「分からない」とおっしゃるのです。

今回、決算が問題になっているということはお金の問題なんですから、「私達の財産が……」とか「お金がなくなっているかもしれないのですよ」とお話しても、ほとんど危機感を持たれている感じがしないのです。

決算は前期の問題なわけですから、前期の役員さんたちに集まってもらおうとしても、もう済んだから、つまり自分の役目は終わったからと出てみえない方がみえます。

人それぞれですし、今に始まったことでもないのですが、そうしたことが続くと結構応えますね。

それに、さすがに築42年の都市部のマンションですから、所有者の高齢化も進み、仮に相続しても、家族数名で住むほどの広さもなく、賃貸に出される方も増えてきていますし、中には投資で所有されている方もいます。

随分価値を下がってきていますので、売りに出た場合、時に若い方が買われることもありますが、若い所有者の方は少なくなっています。

管理組合の総会にしても、そうした若い方が出てみえることはほとんどなく、毎回ほぼ決まった数十名が出席される状態になっています。

先日、相談に伺ったマンション管理士さんがおっしゃっていましたが、名古屋の民間マンションで建て替えに成功した事例はないそうです。

そりゃそうですよね。実感として感じます。

とは言っても、放っておいたら、老朽化でどうしようもなくなってしまうと思うんですよね。そういう危機感を持ってもらういい方法はないものでしょうか?

決算書を税理士さんに見てもらったら、会計に疎い担当者さんが作成されたようだと言われた

管理会社の決算について、組合員に知り合いの税理士さんを紹介してもらい、直近3期分の決算書を見てもらいました。あまり手間ひまをお掛けしないようにと、私の所見もつけておきました。

とてもお忙しそうなのに、間違いの指摘とともにどう処理すればいいかも指示していただきました。

 

  • 税理士さんの回答
  • お金がなくなっているわけではない
  • 税理士さんの総括
  • 管理会社を変更することにしよう
  • 総会の議案
続きを読む

名古屋市のマンション管理相談に行ってきた

ネットでいろいろ調べていましたら、名古屋市が「住まいに関する特別相談(マンション管理相談)」という事業をやっていましたので、予約をして、相談に行ってきました。

名古屋市:住まいの相談コーナー(暮らしの情報)

いやあ~、行ってよかったです。

相談員さんは、「マンション管理推進協議会から派遣されたマンション管理士」さんで、とてもよい印象の方でした。

相談したのは、

  • 会計方法について、私の言っていることに間違いはないか?
  • 管理会社を変更する場合の手順について
  • 建て替えに関するアドバイス

です。

会計方法については、

  • 会計の内容については会計士に聞かれたほうがいいが、決算書を見る限り、管理会社は間違っているようだ

とのお話で、まずは一安心。

管理会社を変更する手順については、詳しく説明していただき、あるいは現在より管理委託料が低く抑えられるのではないかとの、これまたうれしいお話でした。

建て替えについても、名古屋市の民間マンションではまだ一件も事例がないとのことで、マンション管理士としては非常に興味がある話だとおっしゃっていました。

ということで、とても有意義な一時間の相談でした。

あらためて、担当していただいたマンション管理士さんに依頼しようかな?

 

管理会社との関係が大変なことになってきた(含)マンションの所有者名簿を渡せない件

  • 所有者名簿の excelファイルを渡せないと言っている件
  • 決算についての話し合いの会が大混乱
  • 総会での私の発言が管理会社への名誉毀損にあたるので訴えてやる!
  • 契約上三ヶ月の予告期間を持って契約解除出来るのだから
  • これ、作り話ではありません。
続きを読む

耐震診断をして下さる建築士さんからの連絡待ちになっています

(一社)愛知県建築安全支援協会へ電話した

事務局の○○さんが出られ、とてもていねいに対応してくださいました。「役員の○○から電話をします」とのことでしたので、待っていましたら、翌日直ぐに電話がありました。

役員の○○さんは、こちらのマンションの延べ床面積などを尋ねられ、それを元に担当建築士を選定し、後日(2週間以内に)当人から電話させるとのことでした。

こちらの電話もとてもていねいでしたが、実は、この電話で具体的に話が進むのかなと想像していましたので、ややあら?と思いました(笑)。

で、あらためてこの団体のパンフレットを読んでみますと、

(一社)愛知県建築安全支援協会とは

該当する建物の所有者は、耐震診断を行い、所管行政庁へ報告する義務があることが説明され、

そこで、私たちは建築物の耐震診断・耐震改修の推進支援、並びにその業務の実施を目的として、公益社団法人愛知建築士会の正会員、公益社団法人愛知県建築士事務所協会の正会員、一般社団法人日本建築構造技術者協会中部支部の正会員で、この業務に賛同された有志の方々より構成される、一般社団法人愛知県建築安全支援協会を設立いたしました。

とあります。

ああ、そう…ですか…

 

沿道建築物耐震診断=愛知県にメールしたら、事前相談など何もなかった

耐震診断補助金制度が二重行政的で分かりにくいの続きです。

愛知県のサイトにわざわざ「事前相談をお願いします」と赤字で強調してありましたので、メールしました。電話しようかと思ったのですが、何もないだろう(笑)と予感がしましたのでメールで済ませました。

(Q)(愛知県建築安全支援協会へ依頼する予定であることを告げ)事前に当方ですべきことはあるか?
(A)基本的には特にないので、(一社)愛知県建築安全支援協会に問い合わせてね

(Q)28年度の補助金申請の受付はいつから始まるか?
(A)4月の中旬から下旬を予定している

 

ということで、結局、 (一社)愛知県建築安全支援協会が全部やってくれるということのようです。

この事業、建築士への公共事業ってことですかね。

マンション建て替え=まずは所有者の意識調査のためのアンケートを採ってみる

これまでも、マンションの建て替えという意識がなかったわけではありませんが、建築法やら所有権で問題を抱えている当マンションでは無理だよなあとの意識が強く、それに差し迫った感覚がなかったというのが正直なところです。

 

  • 日本最古の分譲マンション建て替えのニュースを目にして
  • さて、何から始めますか?

 

日本最古の分譲マンション建て替えのニュースを目にして

で、先日「東京・渋谷にある築63年で日本最古の分譲マンションが解体を前に公開されました。建て替えまでに25年の年月を要しました。」とのニュースが目に入りました。

続きを読む